2021年12月30日木曜日

2021,今年もありがとうございました。

ブログはとても久しぶりですが、今年は色々な変化があった一年でした。
無事に今年を終えられそうでホッとしています。

コロナ渦の中で、予定がままならない中、
7月には制約がありながらも、発表会が出来た事、みなさんに喜んで頂いた事は
本当に開催して良かったなと思いました。
昨年は動画での発表会を行い新しい体験をしましたが、
舞台でお客様も入っての会は、やはり、とても良いものだなと思いました。
2年振りの舞台で緊張されるかと思ったのですが、
みなさん、緊張はしていたと思うのですが、堂々と発表されていて
それを見守るわたしも緊張しているのですが、
一人でその時間を背負って舞台に立たれてる姿はとても眩しく見えました。

ピアノのホールでの響きもやっぱり気持ち良かったですね。
来年も発表会を行う予定なので、なんとか、状況も落ち着いていることを
祈っています。

そして、ピアノ教室スマイルハーモニーは、新しく藤睦美先生をお迎えして
水曜日に新開講を致しました!
初心者で始められる生徒さんから、ポピュラーピアノを習いたい方、子供の生徒さんから大人の生徒さんまで、お待ちしております。
先生のレッスンはいつも楽しそうで☺
タンバリンの音やカスタネットの音が聞えてきます。
何より、生徒さんがにこにこしながら来られるのが嬉しいですね!

講師二人体制になり、とても心強くなりました。
一人で悩んでいたりしたことも、藤先生に聞いてみようと思えることで
とてもラクになりました~
ピアノの先生はとても孤独で、特殊なので、結構悩みが多いんですよね。
若い頃はしょっちゅう悩んでいました。
今はだいぶ能天気になりましたが^^

そして、教室もリフォームしたので気持ちが一新されました。
作ってよかったなと思ったのが、楽譜の棚です。
いつも、楽譜を探していたのですが...色々なところにあってすぐに見つからない!
作り付けの棚を作ったので、一目瞭然になりました。
とても便利です‼

今年は3年ぶりに生徒募集を再開しましたので
新しい生徒さんとの出会いもありました。
4歳の生徒さんが多く来年の発表会でぜひ、デビューしていただけたらと思います。

コロナ渦の中でも、変わらずピアノレッスンに通ってくださり本当にありがとうございました。ピアノや音楽がみなさんの心の拠り所になっていたら、とても嬉しいです。
わたしもいつも音楽に支えられています。
その楽しみ方を皆さんと共有していくことが幸せです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。











2021年4月2日金曜日

4月になりました!

今年最初のご挨拶なのですが、もう、4月になってしまいました!
桜も入学式もむかえてないというのにもう、葉桜ですね。
社会の流れも速くなっていますが、桜が咲き、散るのも速くなってるのですかね。
植物はお花が咲かない時間も長いので、せっかくの開花をもう少し長く楽しみたいです。
春は3月の花、4月の花、5月初夏の花・・とその移り変わりが楽しいのに
今年はなんだか一遍に咲いてしまって、長くじわじわ楽しみたいわたしとしては
少々不満です。。

ピアノ教室は冬の間少しお休みをいただきまして、リニューアルしていました😊♪
生徒さんには工事中レッスンができずにご迷惑をおかけしました。
でも、レッスンを再開して「わ~!!」と新しいレッスン室に驚く生徒さんのお顔を見ると
良かったなと思います。
今回、防音扉を付けて、入り口の扉が2枚になったのですが、「ドアが2枚あるんだよ!」と
お家でお話ししてくださった生徒さんがいて、その様子にお母様が気になってレッスン室を訪問してくださりました😊
アピールポイントは他にもたくさんあるのですが(わたしとしては・・)
ドアが2枚は見逃していました・・
そうか、ここがポイントだったんだな。と

工事中、ピアノさんも倉庫へ行ってしまったので
ピアノスタジオへ通っていたのですが、
家にピアノが無いのは正直、堪えました。
ピアノが連れて行かれた日は(そんな気分でした)
すごく悲しくて心が空っぽになった気がしました。
無くなってみないとわからないものですね。

スタジオのピアノを弾いていて
このピアノを弾いているときの
手や腕、体の動き感覚などでも
わたしは癒されてるんだな~と思いました。
柔らかくふわっと手首を上げるとき
腕を前へ伸ばすとき
そして、自分がいいなと思う音が鳴るとき
すごく充足するんですよね。
そんなことが感じられました。

7月には発表会も予定しているので
その日に向かって
また、生徒さんお一人お一人の音楽を
一緒に楽しみながら作り上げていきたいと思います。







2020年12月31日木曜日

2020年、今年もありがとうございました!

 あと、数時間で今年も終わりですね。

レッスンは早めにお終いとなり冬休みに入りましたが、少し忙しくやっぱりブログが最後の最後になってしまいました。
大変な1年となりましたが、なんとか、1年教室を行うことができまして、本当に良かったと安堵しています。生徒さんもいつもと違う生活の中で、変わらずピアノレッスンを続けられて、
少しは音楽の楽しさや美しさに気分が晴れることがあったならば、良かったなと思います。

秋には通常の発表会の替わりに、「2020年 動画発表会♪」行いました。
小学生の生徒さんから中学生、大人の方まで、時間差で動画撮影の締め切り日を決めて
みなさんにその日までに発表曲を仕上げて貰いました。
通常の発表会とは違う難しさもあり、新しい体験を出来たこと、緊張感の中で集中力を養えたことは、とても良かったと思います。

私自身もわからないことだらけで、一つ一つまずは調べることから入り、本当にうまくいかなくて時間がかかったことも沢山あったのですが、完成度は抜きにして(笑)なんとか、形にできてホッとしました。次回はもっと、編集もがんばりますのであたたかい目で見守ってください!

来年もまだまだ、苦難の時は続きそうですが、年末年始、お時間があるときに自分の好きな音楽、映像などに触れていただき色々なことは少し忘れてゆっくり楽しく過ごしていただけたらと思います。わたしもそうしたいと思います。まずは、今日中に、お世話になってるうちのピアノさんをポリッシュで磨きます(笑)
また、来年もどうぞよろしくお願い致します!





2020年5月3日日曜日

5/9までピアノ教室休業させていただきます。

こんにちは、2020年に入りブログの更新もしなければ、と思いながら
あっという間に新型コロナウィルスの拡がりにピアノ教室も影響を受けることになりました。急なレッスンの休講で生徒の皆様にはご迷惑をおかけしております。

長い講師生活ではじめての経験をしています。
今まで当たり前に生徒さんの隣で指導ができていたのが、あらゆる制約が入り、教室を開くこともままならなくなるとは、本当に思ってもみないことでした。
この状況が一日も早く収束し、私自身も含め、皆が安心してのびのびと暮らせる日が早く訪れることを切望しています。

4月6日から緊急事態宣言を受けて再びお休みに入りましたが、3月の下旬よりレッスンをしながらも、閉めることになった時のレッスンのことを考えていました。
ピアノの先生の中には、2月末よりオンラインレッスンに切り替えた方々もいらっしゃって、ネットでオンラインレッスンの情報を集めていました。
お休み前に数人の生徒さんにモニターレッスンをさせていただいたりしていました。
このお蔭で、4月の休業期間にご希望の生徒さん対象に、オンライン試験レッスンを行うことができました。

ビデオ通話の種類もたくさんあり、それぞれの環境にも左右されるので、生徒さんと一緒にこの1ヶ月実験を積み重ねてきたという感じです。
生徒さんに教えていただくこともあり、わたしも最初は何の知識も無かったのですが、
まだ、心もとない感じはありますが、だいぶ詳しくなりました!

とても助かったのがネット上でピアノ、ギター、ドラムなどオンラインでレッスンされている先生方が、情報を公開してくださっていたことです。
もちろん、実際にやってみないとわからないことも多いのですが、手がかりがあるのが本当に有り難かったです。
そのおかげで、どなたかに習ったりしたわけではないですが、素人のわたしでもなんとかピアノレッスンをすることにたどり着けました。

オンラインの環境と共に、どうレッスンするのかにも、慣れてきました。
お互い楽譜に小節番号を記入する、筆記具を用意してもらう、可能な方には演奏動画を送ってもらう、ホワイトボードを用意して楽語などの説明に使う、、等、まだまだ、工夫の仕方があると思います。
画面に集中する必要があるので、生徒さんは通常レッスンのときより、能動的にならないと受け取れないかもしれません。
集中力もいりますので、小さな生徒さんには疲れないように手や指の体操を入れたりしながら行うようにしています。

2回目となると皆さん慣れたものですね!
特にお子さんはやっぱり順応性がありますね。
わたしが合格すると丸を楽譜に付けていましたが、いまはできないので
それを自分で丸を付けるのが皆嬉しいみたいです(笑)
誇らしげに花丸とかにされてます。

わたしもいつもは韓ドラを観るのにしか使っていなかったipadがこんな形で仕事で役に立つとは驚いています。ちなみに、ビデオ通話はfacetime が素晴らしいです。
調子がいいとタイムラグを感じません。

5月11日以降のレッスン形態については決まり次第お知らせしたいと思っていますが、
なるべく皆さんが今まで通りにピアノ学習を進めていただけるよう努力するつもりです。

こんな時期だからこそ、音楽がピアノが心の栄養となると思います。
わたし自身も、せめてこころだけはのびのびと翼を広げていたいなと思っています。






2019年12月31日火曜日

2019年もありがとうございました!

今年も年末年始のみの更新となってしまいました。m(_ _)m
お蔭様で元気にレッスンを行っております。

今年も11月に発表会を開催できました☆
子供の生徒さんにはどんどん手の大きさ、身長を抜かれていきその成長の速さに目を見張るものがあるのですけど、ピアノもコツコツの積み重ねが改めて発表会という場で演奏を聴くと、「あー成長されたなあ」と本当に感じることが出来ました。
大人の生徒さんは、本当にピアノが大好きな方ばかりで、わたしも大いに刺激を受けているのですが、発表会へ向けての取り組みもお忙しい中、丁寧に真摯にされていて、頭が下がります。

連弾の部では、史上最大の10組の参加となり、曲もバラエティに富み楽しかったです。
5年連続出場のお父様と息子さんのペアがいらして、今後への期待も込めて連弾の楽譜をプレゼントさせて頂きました。
また、お二人の優しい和やかな演奏を聴きたいです。

今年も、さらに素敵なプログラムを大人の生徒様に作って頂きました!
字体の色とイラストの色のトーンがピッタリで毎年、洗練してきてます。
皆さんのコメントもアナウンスだけですと、勿体無いと思い、昨年から印刷をしています。
他の方がどんな思いでピアノや発表曲に向き合っているか知ることができるのも、良いですよね。

来年は1/6より、教室を始めます。
今のところ、レッスン枠はいっぱいで、1月の時点では新しい方の募集は大変申し訳ございませんが、行う予定がありません。
4.5月になり、空きが出そうな場合はこちらでお知らせ致します。

今年も、ありがとうございました!
来年も、どうぞ宜しくお願い致します!




2019年1月13日日曜日

2019年もよろしくお願い致します!

新しい年に入りました!
如何お過ごしでしょうか?
昨日、横浜は初雪が降りました。
あわてて、ポーチのお花を軒下に入れる作業をしたら
今日は腰が痛いです。。

本年もよろしくお願いいたします!
レッスンも始まりまして、元気な姿を見せていただき
嬉しいです。
また、一緒にコツコツとピアノ道を楽しく進みたいです。

2014年から、このブログを始めましたが、
その間に心境もずいぶん変わりました。
もちろん、変わらないものも有りますが、
始めた当時に比べると、一言でいうと気楽になりました。
歩みの中で、それまでの思いや葛藤がだいぶ浄化されたのだと思います。
始めた時は、このブロガーの赤い壁紙のデザインが
本当に当時のわたしの気持ちにピッタリで、
壁紙=わたし、という気がするくらい馴染んでいましたが
ここ数年、ちょっと違うな、と思い出しました。
なので、新年ですし、思い切って変えてみましたがいかがでしょう?
また、変えるかもしれませんし、いつも気持ちに素直にありたいと思います。

新規の生徒さんの募集は枠が空きしだい、お知らせしたいと思ってます。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。




          年末に頂いたお花、すごく可愛かったです♪



2018年12月31日月曜日

2018年、ありがとうございました!

今年も、残り1日を切ってしまいました!
ここ数年、年末年始にしかブログを更新できず、心苦しい限りです。
反省しています。。



写真は、今年の発表会のプログラムです。
今年は、12月の発表会となりました。
ここ最近はとても寒くなりましたが、まだ、それほど寒くなく
日中は暖かく、指先も冷たくならずに、良い時期に開催できてよかったです!

今年も、プログラムは、大好評で絵柄もこの時期ならではの
雪の結晶と音符などをモチーフにしたものになりました。
中身の柄もすごく可愛いんですよ。
お見せできないのが残念なんですが・・・

そして、会場のスタンド花もアレンジメントの方からのご提案で
プログラムの配色と同じ白、水色、ピンクのお花にしていただいたのです。
これがまた、すごーく素敵で「お花、素敵ですね~」と皆さんに誉められました。

プログラムはもう、プログラム職人となった生徒さんのお力で
お花はいつもお願いしているHANAKURAさんのお力で
わたしは、気楽にご提案に対して、こっちがいいとか言ってるだけなので
本当にありがたいですね。
優秀な方って、複数提案をしてくださるので、そして、どれも素敵なので
優柔不断なわたしは全種類作りたい!!と思いましたが、
そんなことをしてる場合じゃないので、泣く泣く1つの絵柄にしぼりました。
ああ、残念。

肝心の発表会は、今回は大きなホールで照明もバッチリでしたので
結構、生徒の皆さんは緊張していたみたいです。
でも、音響の良いホールとチャンスがあれば、良いピアノで弾いて欲しいということは
かねてからの願いでしたので、良い経験になったと思います。
皆さん、しっかりステージを務めて下さいました。

発表曲がだんだん長い曲、レベルの高い曲になると
準備期間もそれなりに必要になりますが、
よく向かい合い練習していただいたと思います。
当日も、緊張状態が波のように収まったかと思えばまた来るの繰り返しを
長い曲の場合は特にそうなのですが、乗り越えて下さいました。

いつも思いますが、たとえ3分の曲でも
3分の全てをひとりで抱えみなさんに見せて表現していくというのは
すごい重圧ですよね。
自分以外の人にここまで注目されることもさらさらないですから、
みんながいま、見ててくれるんだったら、わたしのやってきたことを
ここで見て欲しい、受け止めてください~と思うのはいかがでしょう?
たとえ、ミスをしたり、止まったとしても、演奏者がやってきたことは
エッセンスとして出てきますよね。
止まったから、絶対だめというものでもないと思います。

今年も、沢山、レッスンが出来て充実していました。
ピアノでの課題も進めるうちにどんどん変化していきますが、
1つ1つ丁寧に進めば大丈夫!
自分の気持ち、体調も日々変わりますが
そんな中でもいつもピアノが優しく寄り添ってくれるような関係性になれたら
幸せですね。
わたしもずっとピアノと仲良くしていきたいです。

それでは、みなさん、良いお年を!